かっさプレートで小顔に!正しい使い方とマッサージ方法、選び方

自宅で手軽にできる小顔ケアとしてご紹介したいのが、「かっさ」を使ったマッサージです。

名前を聞いたことがある人も多いと思いますが、「かっさ」というプレートを使って、顔をマッサージすることで小顔を目指す方法です。

皮膚を「かっさ」でさすって、汚血(おけつ)や老廃物を流して巡りをよくする効果が期待できます。

例えばですが、川に岩や石やゴミなどがあったら、川はスムーズに流れなくなりますし、ドロドロした水になっていきます。

それが、顔の血液と同じだと考えてみてください。「かっさ」を使う事で、これらの岩や石、ゴミなどを押し流して川の流れをスムーズにしてあげる、つまり血流をスムーズにするイメージです。

では、「かっさ」が顔にどのような効果を与えてくれるのか、具体的に見ていきましょう。

小顔への効果

顔というのは、血液やリンパの流れが悪くなると、老廃物が蓄積します。その結果、むくみ・たるみなどが出てくるようになります。

かっさをつかって血流を促進させることで、蓄積していた老廃物を流して、顔に乗っていた余計なものを取る事ができるのです。

そして、むくみ・たるみが改善されて、リフトアップ効果が期待できるのです。

ちなみに、かっさでマッサージをすると、フェイスラインが引き締まったことは目で見ても分かるようになります。かっさの小顔やリフトアップ効果は、すぐに実感できるものとなっています。

それから、目も大きくなりますし、頬骨の高さが上がるという効果もありますので、フェイスラインが引き締まると同時に、目が大きくなることで更なる小顔効果が期待できます。

また、お肌には血液から必要な栄養素が運ばれてきているので、血流が促進されると、肌に透明感がでてきたり、アンチエイジング効果も期待できます。

それでは続いては、実際にかっさの使い方について、ご紹介したいと思います。

かっさの正しい使い方

まず、かっさを使う時には「クリームやオイル」を使ってください。クリームやオイルをつけずに、かっさマッサージをすると、皮膚を傷めてしまいますので、たるみの原因になってしまいます。

洗顔後の清潔な肌に、化粧水やクリームなどでいつものスキンケアをしてから、かっさを使ってください。

ちなみに、お風呂の中で湯船に浸かっているときに、かっさマッサージをするのも効果的です。体が温まって血行も促進されており、湯気がスチームの代わりになるので、毛穴も開いています。

その状態で、美容オイルを付けると、有効成分が肌に浸透していきますので、そのままかっさマッサージをすれば、美肌効果もアップします。

かっさプレートはどうやって選ぶ?

かっさは100円ショップでも販売されているくらいに、世の中に浸透しています。ですから、100円から始めることもできる、とっても手軽な小顔マッサージなのです。

もちろん100円でもいいのですが、天然石の素材で仕上がっているかっさは、パワーストーンの効果も得ることができるので、一石二鳥です。ただ、天然石は割れやすくもありますので、使う前に割れている部分や欠けている部分がないか確認をしてください。

かっさを使う時の力加減

かっさは「痛いけど気持ちよい」くらいの力でマッサージをするのがポイントです。ただ、強くやり過ぎると痛みがでたり、筋線維を傷つけることがあるので注意してください。

かっさで小顔になるマッサージ方法!

  • おでこの髪の生え際から、後頭部にかけて、かっさを当てます。
  • 耳の裏側を軽くさするようにマッサージをして、リンパを流します。
  • 首筋にかっさをピタッとくっつけて、上下にさすります。
  • あごの下から耳の裏にかけて、脂肪を押し上げるように上下にさすります。
  • フェイスラインにかっさをピタッとくっつけて、上下に10往復します。
  • 鼻から頬にかけて、かっさをピタッとくっつけて、10往復します。
  • 眉毛のカーブに沿わせながら、半弧を描くようにします。
  • おでこを上にむけてさすります。
  • 首筋のラインをさすって流します。
  • 鎖骨をさすって、脇に流れるようにします。

以上10の手順で、小顔マッサージは完了となります。痛すぎない力で、痛気持ちいいを感じる程度の力で、かっさマッサージを実践してみてください。